ノート

小学生をお持ちのお母さんへおすすめの講座「方眼ノート1dayベーシック」を受講した感想

あなたは子供の為に、どんな事にお金を使っていますか?
当然ですが、「教育の為にお金を使っています。」って方は多いと思いますが、「教育に支払ったお金」って、元取れています?

金額の大小は違っても、「出来る事なら結果が伴って欲しい!」と思われますよね。「結果を手にしたい!しっかり元を取りたい!」と思っているママへお勧めしたい「方眼ノート1 dayベーシック講座」について、実際に受講した私が、その効果をご紹介します。

方眼ノート1 day 講座って、高い?安い?について検証してみました

私が参加した「方眼ノート1dayベーシック講座」は、6時間の受講で「38,500円(税込)」でした。この金額を「高い」か「安い」かどう思われますか?

主婦であり、子育て中の私には、正直、「高い」と受講前は思っていました。

しかし受講後の私はというと、『ガラリ』と考えが変わったんです・・・!!

なぜなら、これって「一生使える道具なんだ!」って事に気づいたのです。

一生使える道具「方眼ノート」で発見した5つのこと

1.『ノートの取り方が知れる』

2.『ノートの価値が分かった』

3.『私の悩み事を解決するだけではなかった』

4.『ロジカルな考え方になった』

5.『小学生中学年から使える仕様』

それでは、1つずつお話していきますね。

1. 『ノートの取り方が知れる』

私達は、学校でノートを取ってきましたよね?

そして「ノートを取る=板書をそのまま書き写す」だけではなかったでしょうか?

これが、講座の冒頭から、この従来の認識を覆され、「驚きました!」

「先生、今までの時間を返してよー!!」、と嘆きたくなりました。

ノートは正しく使う事で、本当の意味で使えるノートになるのです。

2.『ノートの価値が分かった』

そもそも、ノートに価値を感じた事のなかった私にとっては、目から鱗が落ちる内容満載でした。

「ノート=単なる記録」としか思っていなかったし、「書き方一つで思考が変わる」という事自体が謎でした・・・。

3.『私の悩み事を解決するだけではなかった』

事前に得ていた情報の1つで、「悩みが解決出来る」というのがありましたが、実際はそれ以上でした!

特に、私は子供との関係性に大きな変化が起きました。

・子供と一緒にノートを書く様になった

・子供の友人関係のゴタゴタ解決に使えた

・兄弟喧嘩にならない為の方法論が分かった

講座を受けた私なりに、色々と工夫をこらす様になりました。そして嬉しい事に、子供と一緒にノートを使いながら考える事で、色々な事が解決出来る様になったのです。

4.『ロジカルな考え方になった』

論理的に物事を考えて発言する事なんて無縁だった主婦の私が、夫に対して「あなたの話って解釈が多いわね」という様になった。

これにより、ノートを書いていない平常時でも、問題解決能力が格段に上がり、無駄に悩む性格から脱皮出来ました!

5.『小学生中学年から使える仕様』

使い方や書き方は「無限大」らしく、大人だけではなく、子供でも簡単に書ける方法を知れたので、楽しみながら親子で実践出来る。

正直なところ、始めは「子供にはまだ早いよね・・・」と思っていましたが、ノートを書く度に論理的思考が積み重なっていけるので、今ではその選択肢は消えました。

ノートを変えるだけで、分かりやすく相手に伝わりやすい話が出来る様になるって、そんなに簡単な事ではないですよね。こんな事を教えてくれる講座って「世の中そうはないでしょう!」と自慢にしています。

もしこれを、子供時代から身に付けたとしたら・・・

「3年後、5年後、10年後」の大人になった我が子を想像すると、ワクワクしませんか!?

早期にノートの取り方を知り、使っていけばいく程、学力は勿論のこと、成績アップも出来るに違いない!と確信しています。

以上、「方眼ノート」で発見した5つのことでした。

方眼ノートベーシック講座

ここからは、講座受講後に大きく変化したモノとお金の価値観についてお話します。


モノの価値観とは「金額に対する使用期間」

あなたは、どこに「モノの価値」を感じますか?

例えば、安いお洋服を買ったとしましょう。どこが、その価値のゴールでしょうか?

「ある程度着たらもういいかな」「もう買いなおそうかな」「もう元も十二分に取れたしね」

このように、思いませんか?

逆に、もし高いお洋服をボーナスが出て買ったとすると、とっても大切に使うし、テンションも上がりますよね。
支払った金額に対して、使える期間を計ることは、人間の心理面でも自然の事です。これがいわゆる『モノの価値』です。

だとしたら、長く使えれば、「数万円、数十万円」。もしかすると、「数百万、数千万円」の価値の物も実在するはずですよね。

「無形な物」だとしても価値を感じることができる


あなたは「講座のような物=無形な物」に価値を感じますでしょうか?もし、そうであればどこに価値を感じますか?

私は、お手頃価格の講座(数千円~1万円程)には、よく参加をしていました。どれも純粋に楽しかったし、「いい事聞けたな」「為になった」という印象だけでした。

おそらく、これは金銭的にもそこまで負担がなかったからだと、今では思います。

しかし逆に高額を支払うと、人って真剣度が変わりませんか?
私は、少なくとも「しっかり元を取れるように頑張るぞ!」と意気込みをもって臨みます。

安価がダメとは言いませんが、どうしても簡単に諦めてしまったり、短絡的になるというデメリットがあります。高価なモノ程、長期的な視点で考えることが出来るので、「結果を取りにいくぞ!」と意気込みが変わってくるでしょう。

これを考えると、「38,500円(税込)」の講座料は、やっぱり一生使える物だと感じます。

今では、「間違いなく安かった」「少額で良い投資ができた」と、勇気を出して良かったです。

自分のおこつがいで受講を決めた私、正解でした♪

【方眼ノートベーシック講座】についてまとめ

☑方眼ノートには、5つの発見がある

☑モノの価値観とは「金額に対する使用期間」のことを指す

☑無形なモノなど、価値観を見出すのは自分自身

あとがき「受講して本当に良かった」

最初はドキドキ!せいぜい高くても、「1万円」程しか使った事のなかった私にしては、大きな冒険となりました。今ならすっかり夫にも自慢ができます☆「私、こんなに凄いツールを手に入れたんだよ☆」ってね。

世の中にはたくさんの講座やセミナーがあると思いますが、方眼ノートを書く事で、自分自身の変化を感じることができるモノは多くはありません。自身の成長も伴い、ビジネスシーンでもかなり飛躍しました。これについては、また次回書きますね。

方眼ノートベーシック講座

最後まで読んで頂き有難うございました。

A Hui Hou~またお会いしましょう~

ABOUT ME
kahana
初めまして。kahanaブログ運営者のMadokaです。このブログでは、私自身悩み事が多く、中々自分らしい人生の舵取りが出来なかった経験より、出逢えた数々の分岐点(カハナ)を紹介しています。対人関係の悩みを解決する「アドラー心理学」、心の拠り所の「手帖」、人生の分岐点で必要不可欠なパートナー「ノート」を使う事で変われる、あなた自身の人生のtip(ヒント、アドバイス)になれば幸いです。
人間関係のお悩みを手帳ノートで解消するための方法